宇部薬剤師会 | TOPICS | 活動報告・新着情報・対談など

7月度宇部薬剤師会研修会

 
7月22日(木)夜7時半より研修会を行いました。


テーマ
「肥満の予防と解消:カロリー制限も運動療法も成功しない〜
 体重は変わらないのに体系は変わる」
「健康寿命を延ばすグッドダイエット〜人は要介護に向かって生きている」

阿知須共立病院 内科部長 末次 正治先生
 

この度は、健康長寿への道として、人はどの様な時期から
メタボに向かうか、また食生活の改善の大切さそれを行うための
アドバイスなどをお話していただきました。

また、うつ症状と食事の関係やビタミンB群、亜鉛・鉄などのミネラル等の
重要性も教えていただきました。


また次回も薬剤師会会員の皆様に、興味を持って参加して

いただけるような研修会を展開していきますのでよろしくお願い致します。
生涯学習 | permalink | - | -

6月度宇部薬剤師会研修会

6月24日(木)夜7時半より研修会を行いました。


テーマ
「電解質異常と輸液」
宇部興産中央病院 副院長 森谷浩四郎先生

 
この度は、「電解質異常と輸液」と言うお話をして頂きました。

細胞外液をターゲットにして点滴を行うか、細胞内液も含めてターゲットにして
点滴を行うかに関して、患者さんの皮膚状態等も含めてお話をして頂きました。

また、脱水時における経口補水液のレシピについても教えていただきました。
市販のスポーツ飲料よりも浸透圧が低いため吸収の仕方が違うとの事でした。


また次回も薬剤師会会員の皆様に、興味を持って参加して
いただけるような研修会を展開していきますのでよろしくお願い致します。
 
生涯学習 | permalink | - | -

5月研修会

 
5月27日(水)夜7時半より研修会を行いました。



テーマ
「薬剤師も知っておきたい嚥下訓練の実際
〜チーム医療による患者のQOLの向上を目指して〜」
JA広島厚生連 府中総合病院 薬剤部
                   奥本 真史先生

 
この度は、高齢者の方々にしばしば起こる嚥下困難の方への
薬剤師としての関わりをお話しいただきました。
 
患者さんが安全に経腸栄養を使用できるようクリニカルパス作成を
行ったり、看護師さんと共に患者さんが経腸栄養ではなく食べ物を
口から食べることでQOLを高める為の訓練を行ったりと、チームの
中での薬剤師の役割をお話しいただきました。
 
また、森永クリニコさんによる、嚥下困難な方へのとろみ調整食品の
試飲会も行われ、実際のとろみ剤の様子も学べました。
 
 
また来月も薬剤師会会員の皆様に、興味を持って参加して
いただけるような研修会を展開していきますのでよろしくお願い致します。
 

生涯学習 | permalink | - | -

1月度研修会

 1月28日(木)夜7時半より研修会を行いました。



「消毒薬の基礎知識」と言うテーマで 
山口大学医学部付属病院 薬剤部 准教授 尾家 重治先生にお話を頂きました。


今回は、消毒薬の基礎知識と言う事で、いろいろな物に対する各種消毒薬の知識を深めることが出来ました。
また、病院や施設における消毒において、昔ながらの消毒や殺菌が行われていたり、間違えた使用方法で消毒薬を使用していた事例も見せていただきました。

また、この時期に流行するノロウイルス・ロタウイルスに感染された方の吐物の処理方法なども教えていただきました。


また来月も薬剤師会会員の皆様に、興味を持って参加していただけるような研修会を展開していきますのでよろしくお願い致します。
生涯学習 | permalink | - | -

11月度研修会

11月7日(土)夜7時より研修会を行いました。

kawazoe

テーマ
「服薬指導と薬歴を充実される方法〜在宅や地域連携で薬剤師職能を発揮するために」
社)日本薬剤師会 高齢者・介護保険等検討委員
社)高知県薬剤師会常任理事
           川添 哲嗣先生

土曜日にもかかわらず沢山の方々に参加頂きました。


在宅における薬剤師の役割や、医師・看護師・介護士との連携のお話。

そして「薬が先に来る思考回路」ではなく「患者さんの暮らしが先に来る思考回路」で暮らしと薬を結びつけて見ることに取り組んでみてはいかがでしょうかと言うお話を頂きました。

地元高知で地域密着の薬局の薬剤師として活躍されており、医師・訪問看護師・ヘルパー・行政とも連携を行う事で患者さんのQOL(生活の質)をより良いモノにしようと取り組んでおられる川添先生の熱意の伝わってくるお話でした。

生涯学習 | permalink | - | -

ノロウイルス対策

厚生労働省では「食中毒・食品監視関連情報」として

ノロウイルスに関するQ&Aを出しており、一般のかたに注意を呼びかけています。

ノロウイルス除菌
(1)ノロウイルスとは
 ノロウイルスは経口感染で、手指や食品などを介して、ヒトの腸管で増殖します。潜伏期間(感染から発症までの時間)は24〜48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これら症状が1〜2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。健康なかたは軽症で回復しますが、子供やお年寄りなどでは重症化することもあり、注意が必要です。

 我が国における月別の発生状況をみると、一年を通して発生はみられますが11月くらいから発生件数は増加しはじめ、1〜2月が発生のピークになる傾向があります。

 現在、ノロウイルスについてはワクチンがなく、治療は輸液などの対症療法に限られます。したがって予防対策が肝要です。

予防対策その1 食事の前やトイレの後などの手洗い

  調理を行う前(特に飲食業を行っている場合は食事を提供する前も)、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れないようにしていても)には手洗いを必ず行いましょう。常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石鹸を十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。石鹸自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。

予防対策その2 調理台や調理器具などの殺菌

 ノロウイルスの失活化には、エタノールや逆性石鹸はあまり効果がありません。完全に失活化する方法には、次亜塩素酸ナトリウム※、加熱があります。

 調理器具等は洗剤などを使用し十分に洗浄した後、適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※で浸すように拭くことでウイルスを失活化できます。

※次亜塩素酸ナトリウム系の消毒剤にはミルトン、ピューラックスなどの商品があります。詳しくはお近くの薬局・薬店でご相談ください。(使用に当たっては「使用上の注意」を必ず確認しましょう。)

 また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です。

 なお、二枚貝などを取り扱うときは、専用の調理器具(まな板、包丁等)を使用するか、調理器具を使用の都度洗浄、熱湯消毒する等の対策により、他の食材への二次汚染を防止するよう、特に注意するよう気をつけましょう。

予防対策その3 下痢や嘔吐等の症状があるかたは、食品を直接取り扱う作業をしない
 下痢等の症状がなくなっても、通常では1週間程度、長いときには1ヶ月程度ウイルスの排泄が続くことがあるので、症状が改善した後も、しばらくの間は直接食品を取り扱う作業をさせないよう、調理施設等の責任者は注意すべきです。

予防対策その4  胃腸炎患者に接する方は、患者の糞便や吐物を適切に処理し、感染を広げない

 床等に飛び散った患者の吐物や糞便を処理するときには、使い捨てのガウン(エプロン)、マスクと手袋を着用し汚物中のウイルスが飛び散らないように、糞便、吐物をペーパータオル等で静かに拭き取ります。拭き取った後は、適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※で浸すように床を拭き取り、その後水拭きをします。おむつ等は、速やかに閉じて糞便等を包み込みます。
 おむつや拭き取りに使用したペーパータオル等は、ビニール袋に密閉して廃棄します。(この際、ビニール袋に廃棄物が充分に浸る量の適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※を入れることが望ましい。)



☆特に、子供やお年寄りなど抵抗力の弱いかたは、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べましょう。

健康トピック | permalink | - | -

11月14日は世界糖尿病デーです。



イベントに伴い「東京タワー」や、「通天閣」がブルーにライトアップされます。

山口県内では 国宝 瑠璃光寺五重塔、永源山公園の風車(夢風車)、海峡ゆめタワー、亀山八幡宮参道、
 唐土地区歴史的建造物(旧英国領事館、旧秋田商会ビル、南部町郵便局)
がブルーにライトアップされるそうです。

糖尿病のお薬も一昔前に比べると随分と進化し、色んな作用のお薬が出てきました。
また、もう少ししたら全く新しいタイプの糖尿病の治療薬も発売されます。

お薬で解らないこと、聞いてみたいこと等ありましたら薬局で聞いてみましょう!
「世界糖尿病デー公式ホームページ」
健康トピック | permalink | - | -

10月度研修会

10月23日(木)夜7時半より研修会を行いました。
テーマは「アンチドーピング」、徳山医師会病院 薬局長 西村正広先生に1時間半にわたり講演をしていただきました。
再来年に行われる山口国体で、うっかり薬を飲んでドーピング検査に引っ掛かったということがないように、薬剤師会全体でこのような取り組みを行っております。
同じような市販薬でも「黄色い箱と銀色の箱のものは駄目だけど青の箱のものならドーピング検査に引っ掛からないので安心して服薬治療ができる」といったものがあり、しっかりと勉強しておかないとアスリートとしての将来を奪いかねません。今回は42名の出席があり、皆、興味を持って取り組んで頂けました。

なお、来年にはスポーツファーマシストの講習会も山口県で開催の予定になっております。
生涯学習 | permalink | - | -

タイ製「ホスピタルダイエット」と称される医薬品の個人輸入による健康被害多発

個人輸入のお薬の中には、日本では処方箋が無いともらう事が出来ないような医薬品を含んでいる物もあります。

日本での処方薬での健康被害や、市販薬での健康被害には「医薬品副作用被害救済制度」での救済を受けることが出来ますが、個人輸入による健康被害ではその適応を受けることが出来ません。

「医薬品副作用被害救済制度」


くれぐれも個人輸入のお薬やサプリメントの購入に関してはご注意ください。



ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品
による健康被害事例について


yase

 ダイエット目的の処方薬として個人輸入されていることが疑われる「ホスピタルダイエット」などと称される製品については、下記のとおり医薬品成分が検出されており、複数の都道府県から健康被害の事例が公表されております。
 健康被害が発生するおそれがあるため、このような製品を入手して服用しないで下さい。また、服用により体調異常が現れた場合には、直ちに服用を中止し、医療機関へ受診するとともに、最寄りの保健所にお申し出下さい。
 当該品は、購入希望者がインターネットのホームページ等を利用して、身長、体重等を知らせ、海外の病院が処方したものを購入するダイエット薬とされており、主に個人輸入により入手されてます。 なお、これらの製品には向精神薬が含有されている場合があり、そのような製品についてはインターネット等により注文する個人輸入であっても、麻薬及び向精神薬取締法で禁じられております。


独立行政法人 国立健康・栄養研究所による
健康食品の安全情報・被蓋関連情報

お知らせ | permalink | - | -

10月17日から「薬と健康の週間」です。

毎年10月17日から一週間は「薬と健康の週間」です。

知っておきたい薬の知識のパンフレット

薬と健康の週間

薬のこと、薬剤師に聞いてみましょう!

お知らせ | permalink | - | -
CALENDAR

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>