宇部薬剤師会 | TOPICS | 活動報告・新着情報・対談など

ノロウイルス対策

厚生労働省では「食中毒・食品監視関連情報」として

ノロウイルスに関するQ&Aを出しており、一般のかたに注意を呼びかけています。

ノロウイルス除菌
(1)ノロウイルスとは
 ノロウイルスは経口感染で、手指や食品などを介して、ヒトの腸管で増殖します。潜伏期間(感染から発症までの時間)は24〜48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これら症状が1〜2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。健康なかたは軽症で回復しますが、子供やお年寄りなどでは重症化することもあり、注意が必要です。

 我が国における月別の発生状況をみると、一年を通して発生はみられますが11月くらいから発生件数は増加しはじめ、1〜2月が発生のピークになる傾向があります。

 現在、ノロウイルスについてはワクチンがなく、治療は輸液などの対症療法に限られます。したがって予防対策が肝要です。

予防対策その1 食事の前やトイレの後などの手洗い

  調理を行う前(特に飲食業を行っている場合は食事を提供する前も)、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れないようにしていても)には手洗いを必ず行いましょう。常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石鹸を十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。石鹸自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。

予防対策その2 調理台や調理器具などの殺菌

 ノロウイルスの失活化には、エタノールや逆性石鹸はあまり効果がありません。完全に失活化する方法には、次亜塩素酸ナトリウム※、加熱があります。

 調理器具等は洗剤などを使用し十分に洗浄した後、適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※で浸すように拭くことでウイルスを失活化できます。

※次亜塩素酸ナトリウム系の消毒剤にはミルトン、ピューラックスなどの商品があります。詳しくはお近くの薬局・薬店でご相談ください。(使用に当たっては「使用上の注意」を必ず確認しましょう。)

 また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です。

 なお、二枚貝などを取り扱うときは、専用の調理器具(まな板、包丁等)を使用するか、調理器具を使用の都度洗浄、熱湯消毒する等の対策により、他の食材への二次汚染を防止するよう、特に注意するよう気をつけましょう。

予防対策その3 下痢や嘔吐等の症状があるかたは、食品を直接取り扱う作業をしない
 下痢等の症状がなくなっても、通常では1週間程度、長いときには1ヶ月程度ウイルスの排泄が続くことがあるので、症状が改善した後も、しばらくの間は直接食品を取り扱う作業をさせないよう、調理施設等の責任者は注意すべきです。

予防対策その4  胃腸炎患者に接する方は、患者の糞便や吐物を適切に処理し、感染を広げない

 床等に飛び散った患者の吐物や糞便を処理するときには、使い捨てのガウン(エプロン)、マスクと手袋を着用し汚物中のウイルスが飛び散らないように、糞便、吐物をペーパータオル等で静かに拭き取ります。拭き取った後は、適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※で浸すように床を拭き取り、その後水拭きをします。おむつ等は、速やかに閉じて糞便等を包み込みます。
 おむつや拭き取りに使用したペーパータオル等は、ビニール袋に密閉して廃棄します。(この際、ビニール袋に廃棄物が充分に浸る量の適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※を入れることが望ましい。)



☆特に、子供やお年寄りなど抵抗力の弱いかたは、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べましょう。

健康トピック | permalink | - | -

11月14日は世界糖尿病デーです。



イベントに伴い「東京タワー」や、「通天閣」がブルーにライトアップされます。

山口県内では 国宝 瑠璃光寺五重塔、永源山公園の風車(夢風車)、海峡ゆめタワー、亀山八幡宮参道、
 唐土地区歴史的建造物(旧英国領事館、旧秋田商会ビル、南部町郵便局)
がブルーにライトアップされるそうです。

糖尿病のお薬も一昔前に比べると随分と進化し、色んな作用のお薬が出てきました。
また、もう少ししたら全く新しいタイプの糖尿病の治療薬も発売されます。

お薬で解らないこと、聞いてみたいこと等ありましたら薬局で聞いてみましょう!
「世界糖尿病デー公式ホームページ」
健康トピック | permalink | - | -

こどもの病気・お役立ちサイト

子供さんの急な病気の時に役に立ちそうなホームページを紹介します。


日本小児科学会が厚生労働省とともに作成した
「こどもの救急」

夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安に・・・。

こどもの救急



東京都福祉保健局が作成した「東京都こども医療ガイド」

東京都こども医療ガイド


健康トピック | permalink | - | -

ノロウイルス対策

厚生労働省では「食中毒・食品監視関連情報」として

ノロウイルスに関するQ&Aを出しており、一般のかたに注意を呼びかけています。

ノロウイルス除菌
(1)ノロウイルスとは
 ノロウイルスは経口感染で、手指や食品などを介して、ヒトの腸管で増殖します。潜伏期間(感染から発症までの時間)は24〜48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これら症状が1〜2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。健康なかたは軽症で回復しますが、子供やお年寄りなどでは重症化することもあり、注意が必要です。

 我が国における月別の発生状況をみると、一年を通して発生はみられますが11月くらいから発生件数は増加しはじめ、1〜2月が発生のピークになる傾向があります。

 現在、ノロウイルスについてはワクチンがなく、治療は輸液などの対症療法に限られます。したがって予防対策が肝要です。

予防対策その1 食事の前やトイレの後などの手洗い

  調理を行う前(特に飲食業を行っている場合は食事を提供する前も)、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れないようにしていても)には手洗いを必ず行いましょう。常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石鹸を十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。石鹸自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。

予防対策その2 調理台や調理器具などの殺菌

 ノロウイルスの失活化には、エタノールや逆性石鹸はあまり効果がありません。完全に失活化する方法には、次亜塩素酸ナトリウム※、加熱があります。

 調理器具等は洗剤などを使用し十分に洗浄した後、適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※で浸すように拭くことでウイルスを失活化できます。

※次亜塩素酸ナトリウム系の消毒剤にはミルトン、ピューラックスなどの商品があります。詳しくはお近くの薬局・薬店でご相談ください。(使用に当たっては「使用上の注意」を必ず確認しましょう。)

 また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です。

 なお、二枚貝などを取り扱うときは、専用の調理器具(まな板、包丁等)を使用するか、調理器具を使用の都度洗浄、熱湯消毒する等の対策により、他の食材への二次汚染を防止するよう、特に注意するよう気をつけましょう。

予防対策その3 下痢や嘔吐等の症状があるかたは、食品を直接取り扱う作業をしない
 下痢等の症状がなくなっても、通常では1週間程度、長いときには1ヶ月程度ウイルスの排泄が続くことがあるので、症状が改善した後も、しばらくの間は直接食品を取り扱う作業をさせないよう、調理施設等の責任者は注意すべきです。

予防対策その4  胃腸炎患者に接する方は、患者の糞便や吐物を適切に処理し、感染を広げない

 床等に飛び散った患者の吐物や糞便を処理するときには、使い捨てのガウン(エプロン)、マスクと手袋を着用し汚物中のウイルスが飛び散らないように、糞便、吐物をペーパータオル等で静かに拭き取ります。拭き取った後は、適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※で浸すように床を拭き取り、その後水拭きをします。おむつ等は、速やかに閉じて糞便等を包み込みます。
 おむつや拭き取りに使用したペーパータオル等は、ビニール袋に密閉して廃棄します。(この際、ビニール袋に廃棄物が充分に浸る量の適切な濃度に稀釈した次亜塩素酸ナトリウム※を入れることが望ましい。)



☆特に、子供やお年寄りなど抵抗力の弱いかたは、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べましょう。

健康トピック | permalink | - | -

注意してください、健康食品!

厚生労働省が医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分とセルトラリン)を含むいわゆる健康食品に注意喚起
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail941.html


個人輸入や輸入代行で健康食品と思って、買ったモノの中には実は日本では医薬品として販売されていて、医師による処方箋以外での販売が規制されている薬が入っていたりします。

どうぞお気をつけください。
健康トピック | permalink | - | -

健康食品に注意を!

厚生労働省と岡崎市が医薬品成分(シブトラミン、甲状腺末)を含むいわゆる健康食品に注意喚起
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail938.html

海外の健康食品の中には日本では承認されていない成分や、日本では医薬品として使用されているものが健康食品の中に含まれていたりします。

日本国内の医薬品による健康被害については救済機構による救済が受けられますが、個人輸入による健康食品等による健康被害はあくまで個人の責任となります。

服用にはくれぐれも御注意を!
健康トピック | permalink | - | -

水辺の事故が増える時期となりました。

夏が来ましたおてんき

水辺の事故も増えてきます水泳


救命救急の方法を知っておくだけで、救える命が一つ増えます。

総務省消防庁のページより
「心配蘇生法の流れ」
http://www.fdma.go.jp/html/life/pdf/oukyu2.pdf
健康トピック | permalink | - | -

熱中症に注意!

梅雨が明け、気温の上昇が感じられるようになりました。

外での運動は勿論のこと、家の中でも暑さをしのげない場合には
十分な水分と電解質(スポーツドリンク等)の摂取を心がけましょう。


運動中の熱中症について(日本体育協会)
http://www.japan-sports.or.jp/medicine/guidebook1.html

熱中症保健指導マニュアル(環境省)
http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html
健康トピック | permalink | - | -
CALENDAR

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>